日々私たちが行なっている生活は全て個人的な体験です

日々私たちが行なっている生活は全て個人的な体験であるにも関わらずそれは普遍的な営みでもあるということに気がつくときがあると思います。
つまり、私たちが小説や漫画を読んだりしてそれがおもしろいとかおもしろくないとかいえるのです。私たちは学校教育や各メディアによって様々な情報を得てそれを共有しているので、国によって感覚の違いがあったりするのです。
ですから、多くの人がいいという株が上がるというのも一種の感覚の共有ではないかと私には思えてならないのです。
もちろん、株を意図的に上げるというのはそこに何らかの経済的な何かが潜んでいるかもしれません。この何かというのは壮大な夢物語だったりすることが多いのですが、投資家というのはこの夢物語が好きなので、本質どころか破片すらつかめない夢を求めて投資してしまうのは投資家のさがなのでしょうか。
ですから、投資家というのは5%しか上がらない株よりも300%上がるかもしれない株に群がるのです。酵素ドリンク 授乳中