これがプロ野球?阪神対ヤクルトの乱闘試合でバレンティンと矢野作戦兼バッテリーコーチが退場処分。

なんともお粗末なプロ野球の試合である。ノーコンピッチャー藤浪は相変わらずの制球難で5回1アウトまで8四球だった。乱闘騒ぎになることを予測出来なかった阪神の監督やピッチングコーチと矢野コーチ責任は大きい。デッドボールを受けた、バッターの畠山も気の毒ではあるが、もしかしたらデッドボールかビーンボールが来たら、と思いながら打席に立っていたのではないだろうか。デッドボールを投じてしまったピッチャーの藤浪は、当てた瞬間に申し訳ないという思いで直ぐに帽子を脱いで畠山に謝った。当てたところには問題があったのかも知れないが、普通はピッチャーの態度を見て許すのが同じプロ野球で飯を食っている選手のマナーである。畠山は立ち上がり謝っている藤浪に文句を言いながら向かって行こうとした。この態度に阪神側の首脳陣と選手が飛び出してきた。畠山が怒ったのは藤浪に対してでは無く、阪神の監督やコーチに対してである、と自分は思っている。そして情けないのが、試合終了後の金本監督のコメントで、ヤクルト側の選手を非難している。そうではない、まずは故意では無いにしても、ボールを当ててしまった、畠山選手と乱闘騒動にまでに至ったことの謝罪が先である。ファンに対しても勿論謝罪すべきである。一番悪いのは金本さん、矢野さん、状況判断が的確に行えない監督、コーチの責任ですよ。草野球よりも酷い試合ばかりでは益々野球ファンは逃げていきます。大人の乱闘はカッコ悪いですからね。