大扶養の仇とでくわしたらどうするか…俺は…

随時やらねばと思い立ってする大クレンジング…特質あまり使わない物質の物置が出来ます、物置を掛かる方法といらないものに見方しようと屑物バッグ片手に満杯に詰まった物置の扉を開けました、なぜかハイスクール時代の教科書が…取り除けるに決まってます今更研究したくありませんから、屑物バッグ往き、古めかしい浮き輪たち…何十歳も傍過ぎて使うとトラップが開いておぼれるとか嫌なので屑物バッグ往き、ゲーセンでとったであろうフィギュア…フィギュアを売るのは気が引けるがさようならします。他にも何故今まで置いてあったのか不思議な物質が様々出てきました、物置に加える前に取り除けると思わなかったのか問合せに想う品々ばかりだ。中には捨てたくない物質もあって漫画読み物のスラムダンクが出てきました、思い出深い、私の青春年を思い出すスラムダンク様です、全巻揃ってないのがぼくらしき…懐かしくてたまたま読み始めたのが無理だった…最初冊で成し遂げるハズが無く読み続けてしまい気づけば夕刻で、ごはんを作らないといけない日にちだ、物置の半分上記残して大クレンジングは終わりました…あしたも空いた時間に読もうとスラムダンクは物置から出した通り。大クレンジングの敵はこちらでした。

隅々まで道場を知り尽くした先駆けのようなビギナー門下生

「なんと。こっから所はもってのほか。追い出されちまう。多分、そちらの二座敷が秘密の花園ってパーソンです」
 やっぱりのN・Tも夫人座敷に侵入して行くど根性はないようだった。その後もN・Tはひとつひとつの座敷を充分な時間をかけて丁寧に解説しながら案内してくれた。
「ここは週間替わりで使ってる男座敷らしき。俗称『賢者の座敷』です」
「賢者の座敷?」
「とりあえず、要するにオ○ニールームってことだろう」
 N・Tの憶測はあんまりみたいを射ているのかもしれない。
「っていうか、はたしてアンタ今朝きたばっかなの?なんかここの間取りにベタベタわかり易いけど」
 見取り図でも見せて貰ったのだろうか、あたかも道場を洗い浚い知り尽くした手練手管の草分けのように報せを始めるN・T。ひょっとするとこの男はNうちの親類か何かなのかもしれないという心配まで浮上して来る。
「皆が農作業に行ってる時分、時間だったもんで。自ら面々散策してたらH君が帰ってきてから色々教えてくれた」
 N・Tはあたかも泥棒みたいな品です。http://www.goteborghorseshow.co/